2018年 09月 23日
秋と空き
西の夕暮れの空に、明るく光る星ひとつ。
美しいものを見ると、もの寂しさが私を襲う。

大人になってできた親友が今秋、遠くの町に引っ越す。
この6年間、彼女のさりげない愛や優しさをそばで感じながら過ごしてきた。
今思うと、私はかなり彼女に甘えさせてもらっていたなぁと思う。

私とは違い、好奇心旺盛で自分の居場所を広く、しっかり築いていたので、
それを置き去りにして、新しい場所に移るのは本意ではないだろう。

私もそれは寂しいけれど、それ以上に寂しいのはここを離れる彼女だ。
だから、あまり後ろ向きなことは言わないようにしている。

とにかく、どこの空の下にいたとしても、
笑顔でいてくれることがなによりの願いだ。



f0152749_22254723.jpg

[PR]

by potori_ms | 2018-09-23 23:10 | 日々 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://potorims.exblog.jp/tb/30065344
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by dodopapa58 at 2018-09-26 20:39 x
ご無沙汰です。
私見ですが、柔らかい色合いいい感じですね。
Commented by potori_ms at 2018-09-26 21:17
dodopapa58さん、こんばんは。
こんなに更新しないブログを訪れていただいて、恐縮なのと嬉しい気持ちが交錯しています(笑)。

このやわらかさはフィルムだからでしょうね〜。
ありがとうございます(^^)


     お姫様スカート >>