<   2012年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2012年 10月 29日
宙の女王
軽快な滑り出し。
f0152749_22355436.jpg


トリプルアクセル。
f0152749_22312979.jpg


フィニッシュ。
f0152749_22313839.jpg

[PR]

by potori_ms | 2012-10-29 22:36 | 日々 | Trackback | Comments(6)
2012年 10月 28日
秋のイベント
Joint Market へ。
四国最大級という名にふさわしいイベント。
f0152749_1831628.jpg


われらが、みんなのコーヒー。
f0152749_1824539.jpg


40分並んで飲んだ、美味しい一杯。
後ろに並んだ見ず知らずの方と、会話を弾ませながら待つ。
これも一期一会だなぁ。
f0152749_1825680.jpg


撮る。飲む。遊ぶ。
f0152749_1823392.jpg


私は一客だけど、顔見知りのお店の方がたくさんいて、
ひとこと会話をするだけで、大きなゲンキを貰えた気がする。
やはり、好きなモノを作ったり、売っている人の生き生きさは違います。
出店者のみなさま、お疲れさまデス。

-オマケ-
今日は、買い物にガツガツせず、
雰囲気をゆったり味わうつもりで赴きました。
そんな中、5sac. さんの鍋つかみだけを連れ帰りました。
ツバメ柄に弱い私デシタ。
f0152749_20404219.jpg

[PR]

by potori_ms | 2012-10-28 21:09 | 日々 | Trackback | Comments(8)
2012年 10月 17日
さすらい 4日目
乗鞍高原 一の瀬園地へ。
松本在住の木工作家、
三谷龍二さんがよくピクニックにでかける場所だそう。

自然と触れ合うのには、最高の場所。
川のせせらぎが、BGMとしてずっと聴こえてくる。
f0152749_2221112.jpg


木道を見つけると、テンションが上がる私。
f0152749_2136467.jpg


白樺の木々が涼やかで、見上げた先の空も本当に気持ちがよい。
f0152749_21371936.jpg


黄に染まった乗鞍岳を見渡す。
青空から曇天へ。
f0152749_21375694.jpg


大木の下でのうたたねする人を発見。
その気持ちはよくわかります。
f0152749_2138555.jpg


この日の午後からお天気は下り坂へ。
丸4日間、自然と紅葉と秋を、お腹いっぱい食べることができました。
秋旅、最高!
[PR]

by potori_ms | 2012-10-17 23:59 | おでかけ | Trackback | Comments(0)
2012年 10月 16日
さすらい 3日目
立山黒部アルペンルートへ。
ここは、人生初の場所。

途中からは、マイカー乗り入れ禁止なので、
トロリーバス(電気バス)、ケーブルカー、ロープウェイの3種を乗り継いで、
頂上の室堂をめざす。
f0152749_18355551.jpg


黒部ダム。
あのダイナミックな観光放水は前日までだったよう(泣)。
水の色と紅葉がお互いを惹き立てている。
f0152749_19315114.jpg


イロトリドリの紅葉には、圧巻。
赤・黄・緑の3原色が、
チークを乗せたように、ポンポンポンとみごとに散らばっている。
こんな山肌は、四国では見られないなぁ。
f0152749_19321289.jpg


夏に「暑い」、冬に「寒い」という言葉が無意識に口から出るように、
終始、「綺麗」という言葉がこぼれ出る。
旅番組や旅雑誌で見る光景が目の前に広がる。
f0152749_19323926.jpg


ロープウェイの箱の影がかわいい。
f0152749_19324854.jpg


標高2450m 室堂に到着。
ミクリガ池。
青より蒼い。

f0152749_19325938.jpg

f0152749_1933856.jpg


山小屋のある風景。
少しだけ登山者気分を味わえる。
f0152749_19331956.jpg


平日、紅葉の時期の観光地なので、周りはご年配の方が大多数。
みなさん、お元気だなぁとつくづく思った。
体力がないと、行きたい場所に赴く旅はむずかしい。
少しずつでも体力づくりをしないとなぁと思った、3日目の旅先。
[PR]

by potori_ms | 2012-10-16 23:59 | おでかけ | Trackback | Comments(0)
2012年 10月 15日
さすらい 2日目
標高約1500m 上高地散策。

大正池~河童橋~明神池~河童橋~上高地バスターミナル。
まっすぐ歩くと、約9km、3時間のコース。

朝 9:00、外気温は8度くらい。
出発地点の大正池。
焼岳の噴火によって、梓川がせき止められてできた池。
f0152749_23314215.jpg


立ち枯れた木々が過去を物語る。
f0152749_23213770.jpg


3000m 級の穂高連峰が勇ましくそびえ立つ。
ここを登る人がいるなんて、眩暈がしそう。
f0152749_23212695.jpg


北アルプスから流れ出る水のキレイなこと。
f0152749_0335318.jpg


ひっそりと咲く野草もかわいい。
f0152749_0252689.jpg


お昼12時前、河童橋からの眺望。
カールがある辺りまで行くと、紅葉真っ盛りだったそう。
f0152749_0432850.jpg


五千尺ホテルのカフェで休憩。
苺のタルト 700円也。
美味しくないわけがない(笑)。
f0152749_2324974.jpg


糖分を補給したので、さらに先の明神池をめざす。
太陽に照らされた、楓の紅葉が美しい。
影の紅葉も楽しめる。
f0152749_2322124.jpg


キラ☆キラ、眩しい。
f0152749_23221923.jpg

f0152749_23442735.jpg


明神池。
こちらは、明神岳の土砂が湧き水を堰き止めてできた池。
厳かな雰囲気が漂う。
f0152749_23222913.jpg


烏天狗が出てきそうな明神岳。
f0152749_2323635.jpg


15:00 帰りの河童橋からの眺め。
分厚い雲がみるみる出てきた。
f0152749_23231967.jpg


朝9時から夕方4時まで、丸1日上高地を満喫する。
歩きやすいよう、遊歩道や木道が整備されているので、
運動不足の私でも、軽快に歩きを楽しむことができた。

上高地での一期一会。
たくさんの行きかう人たちとの、挨拶や会話が脚を軽くしてくれる。
大自然の中にいるからこそ生まれる、
心の余裕と穏やかな、清々しい気持ちがずっとそこにあった。
[PR]

by potori_ms | 2012-10-15 23:59 | おでかけ | Trackback | Comments(0)
2012年 10月 14日
さすらい 1日目
地方祭の喧騒から逃れて、4泊5日の信州の旅へ。
紅葉を求めて、標高の高い場所をさすらう。

思い出と写真の整理のため、時系列で記事にしていく予定です。
おつきあいくだされば、嬉しいです。


=====================================

白山スーパー林道~白川郷~飛騨高山(宿泊のみ)。
白山の紅葉は、まだ頂上付近のみ。
f0152749_21114119.jpg


夕方、合掌造りの白川郷へ。
かわいい三角の茅葺き屋根が点在する。
f0152749_21135232.jpg

f0152749_211226100.jpg


世界遺産ながらも生活の場なので、夕刻には火が灯り、
幻想的な雰囲気。
f0152749_21121821.jpg


当日は、どぶろく祭りが開催されていて、
道行く、おじさんと呼ばれる人の大半が上機嫌。
いつもの静かな村は、陽気な村に様変わり。
f0152749_21333940.jpg

[PR]

by potori_ms | 2012-10-14 23:59 | おでかけ | Trackback | Comments(8)
2012年 10月 10日
上へ
10年以上ぶりの四国カルストへ。
(↓の子牛もそこの子です。)

ススキの季節になると、
まず、行きたい場所に思い浮かぶ場所。

下界とは、空気の質が全然違う。
美味しくて、やわらかい秋風を含む空気をパクパク食べた。

f0152749_20204032.jpg

[PR]

by potori_ms | 2012-10-10 20:37 | おでかけ | Trackback | Comments(2)
2012年 10月 08日
5616
遊んで欲しそうな、愛嬌の良い子牛。

f0152749_054145.jpg

[PR]

by potori_ms | 2012-10-08 00:06 | おでかけ | Trackback | Comments(4)
2012年 10月 01日
STORY
遠巻きにおチビちゃんの動きを見る。
f0152749_2054221.jpg


寛いでいるところに、いたずらっ子が背後を取る。
f0152749_2129054.jpg


調子に乗ったおチビちゃんが、ちょっかいを出す。
本気で怒る。
f0152749_20543158.jpg


そして、面倒臭くなって、そそくさと逃げる。
f0152749_2173621.jpg


急接近しているときは、いつもこんなパターンです(笑)。
[PR]

by potori_ms | 2012-10-01 21:10 | 日々 | Trackback | Comments(4)