<   2012年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

2012年 09月 29日
歴史
公園の手すり。

f0152749_2362972.jpg

[PR]

by potori_ms | 2012-09-29 23:09 | 日々 | Trackback | Comments(2)
2012年 09月 25日
face to face
この窓際の席に、お婆ちゃん2人が座る。

コーヒーを1杯ずつ注文し、外の景色はそっちのけで、
カラダごと向かいあって、楽しそうに会話していた。

そうなんだ。
コミュニケーションは、対面が基本なのだ。

f0152749_22422525.jpg


                ↑私が影絵で登場していますが、ご愛嬌ということで(笑)。

[PR]

by potori_ms | 2012-09-25 23:03 | 日々 | Trackback | Comments(2)
2012年 09月 23日
sweets
朝晩を半袖で過ごすには、肌寒くなったけれど、
日中は、まだまだ甘く、冷たいモノが欲しくなる。

可愛い姿のコーヒーゼリー。
f0152749_20403921.jpg

[PR]

by potori_ms | 2012-09-23 20:45 | おいしく | Trackback | Comments(2)
2012年 09月 22日
消えた饅頭
今日は、お彼岸。
父が午前中にお墓参りへ。
別便で、私は午後から行く。

市営の墓地なのだけれど、
樹の剪定はされておらず、裏山が少し崩れ、
排水溝に少しの土砂が詰まっていたりして、荒れているな~と、
ここに眠っている人たちが気の毒になった。

スイッチを切り替えて、
家族の健康と平和を先祖に託して、墓地を後にする。


しばらくして、父からの電話の第一声。
父 「お供えあったか?」
私 「あったよ。お米と飲み物。」
父 「・・・饅頭はなかったか?」
私 「饅頭??そんなものなかったよ。」
父 「カラスの仕業かぁ・・・。」
私 「はは、間違いないね・・・。」

毎度、山の中のお墓にはつきものの、カラスの悪行。
お供えの心配をしていた父が微笑ましかった。

そして、甘いモノが好きだった祖母。
食べ物の恨みは怖いんだぞ、カラスめ。
[PR]

by potori_ms | 2012-09-22 22:38 | 日々 | Trackback | Comments(2)
2012年 09月 20日
後姿
ちょっと涼しくなったので、晩御飯はポトフ。

切った玉ねぎが、
おかっぱ頭の女の子2人を後ろから見上げたようだ。

f0152749_21134568.jpg

[PR]

by potori_ms | 2012-09-20 23:40 | 日々 | Trackback | Comments(2)
2012年 09月 19日
寝相
猫の寝相はいろいろ。
丸まって寝る猫。
仰向けに寝る猫。
そして、カラダを伸ばして寝る猫。

上司のドイツ製のチェアを占領、熟睡中。

f0152749_21355871.jpg


この子は、カラダを触られることが大好き。
すぐにゴロゴロ言ってくれます。
先住のモフモフ猫とは大違い。
[PR]

by potori_ms | 2012-09-19 21:46 | 日々 | Trackback | Comments(6)
2012年 09月 18日
nest
TRUCK の9年間を、
黄瀬さん、唐津さんご夫婦が、写真と文章で綴る。
400ページもあるので、読み応えたっぷり。
f0152749_21592486.jpg


More
[PR]

by potori_ms | 2012-09-18 22:28 | book | Trackback | Comments(2)
2012年 09月 16日
昭和のかほり
レトロな遊具。
クモの巣が張っていたり、ペンキが剥げてしまっていて、
恐らく、人気はないのだろうけど、好きな色合い。
f0152749_1951017.jpg


隣町の高台にある公園で、偶然、この娘と遇う。
すごい確率に驚いた。
f0152749_1952132.jpg


高台のそこは、台風前のぬるくもなく、冷たくもない風が気持ちよくそよぐ。
平和で、穏やかな休日。
[PR]

by potori_ms | 2012-09-16 19:24 | 日々 | Trackback | Comments(0)
2012年 09月 11日
「チョコレート革命」
男ではなくて大人の返事する君にチョコレート革命

             ・
             ・
             ・


昔は、本棚を好きな本で埋めるのが好きだった。
しかし、収納スペースと節約を考えて、
今では、本は図書館で借りるものとして定着した。

現在、図書館で借りていた本も読了してしまい、
たちまち手元に未読本がなくなった夜。
どうしても活字が読みたいと、
3年前の引越しで束ねたままになった本を物色する。

懐かしい表紙が目に入った。
俵万智 著 「チョコレート革命」。
初版 1997年。

確か、不倫を謳った短歌集だったなぁ。
15年前の私と、今の私とでは受け止め方は変わったのだろうか。
秋の夜長に、さらっとページを捲ってみよう。

f0152749_23163367.jpg

[PR]

by potori_ms | 2012-09-11 23:39 | book | Trackback | Comments(2)
2012年 09月 10日
陵丘
遠くまで見渡せる、開け放たれた緑。
鉛筆でなぞったような稜線が美しい。

最近、少し鬱々としていたので、
ずっとこういう場所に身を置きたかった。
グラスの中で、音を立てながら溶ける氷のように、
ゆっくり私の気持ちも解けていく。

緑と赤がメルヘンチック。
ボヨヨーンという擬態語がピッタリのバウンス。
f0152749_22373913.jpg


すっかり友達のような存在。
f0152749_2249743.jpg

[PR]

by potori_ms | 2012-09-10 23:00 | 日々 | Trackback | Comments(2)