<   2012年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧

2012年 07月 30日
仰向け
エアコンの効いた、冷たい床の上で。
チカラの抜けた脚に、私も力が抜ける。

f0152749_21295914.jpg

[PR]

by potori_ms | 2012-07-30 21:35 | 日々 | Trackback | Comments(4)
2012年 07月 28日
小さな抵抗
リビング照明の熱が暑さを助長するので、
ペンダントの電球をひとつを取っ払う。

f0152749_23171328.jpg

[PR]

by potori_ms | 2012-07-28 23:31 | 日々 | Trackback | Comments(0)
2012年 07月 25日
海と夕陽
そして、未来。

f0152749_2150233.jpg

[PR]

by potori_ms | 2012-07-25 21:51 | 日々 | Trackback | Comments(0)
2012年 07月 22日
夏日
夕方3時はじまりのイベントへ。

普段、エアコンに支配された部屋で働いているため、
私はいわゆる、もやしっ子(?)と言われる類だろうと我ながら思う。
汗が背中をツルンツルン伝うこの暑さには、即バテた。
重たいカメラを抱えていても、シャッターを切ろうという気にならない。
そんな楽しみまでをも奪う。

しかし、私が恋する女の子にも逢えたし、
美味しいかき氷や、貴重なハチミツも手にすることができたので、
この暑さも嬉しい思い出に変えよう。

f0152749_23223861.jpg

[PR]

by potori_ms | 2012-07-22 23:50 | 日々 | Trackback | Comments(2)
2012年 07月 21日
シャボン玉
ふーーーーっ。

f0152749_23535467.jpg


奥の女の子は、妙に色っぽいぞ(笑)。
ふたりとも小学2年生。
[PR]

by potori_ms | 2012-07-21 23:56 | 日々 | Trackback | Comments(0)
2012年 07月 20日
ピンクの雲
梅雨が明けて、空を見上げるのが小さな楽しみ。

f0152749_22325355.jpg

[PR]

by potori_ms | 2012-07-20 22:33 | 日々 | Trackback | Comments(0)
2012年 07月 18日
Juicy
旬をいただく。
瑞々しくて、甘くて美味しかった~。

f0152749_20351424.jpg



とうもろこしの茹で方をおさらいする。

お湯から茹でる。
お水から茹でる。

どちらも正解。

前者は、シャッキリ、
後者は、ジューシーに仕上がるそう。

私は、後者でいただきました。
[PR]

by potori_ms | 2012-07-18 20:42 | 日々 | Trackback | Comments(2)
2012年 07月 17日
モクモク
いよいよ梅雨明け。
嬉しいような、恐いような。

昨日からの、この猛暑。
カラダがついていきませぬ。


本日の帰宅途中の車窓より。
ソフトクリームのような入道雲が、真っ青な空に鎮座する。

f0152749_18515040.jpg

[PR]

by potori_ms | 2012-07-17 21:44 | 日々 | Trackback | Comments(2)
2012年 07月 16日
ひねもす のたりのたりかな
久しぶりに、映画「めがね」のDVD を引っ張り出して、鑑賞する。

主人公の頑なだった心が、
春の穏やかな海を前にして、温かい人と食を通じて解れていく。
私も同時進行で、安らいだ気持ちになっていく。

映像に溶け込む音楽がさらに、
「のたりのたり」とした気分を誘う。



静かな海で、かき氷を食べたいなぁ。
[PR]

by potori_ms | 2012-07-16 21:59 | 音楽 | Trackback | Comments(4)
2012年 07月 15日
生産者と消費者
野菜直販所へ。
地元で採れた新鮮な野菜・果物などを提供してくれる。

生産者の名前入りなので、安心感と親近感ができる。
そして、何度か食べて、美味しい野菜を作る人を記憶していれば、
契約農家のような、ご指名買いができたりする(笑)。

にんにくが切れていたと思って、コーナーを物色する。
大きいものから小さいものまでさまざま。
数は要らないので、少なくて、安いものを選ぶ。

すると、手に取った袋の生産者の名前に見憶えがあった。
高校の時の、世界史の先生だった。

退職された後、イチゴなど農作物を作っているということを、
風の噂に聞いていたけれど、実際、先生の名前を拝見して嬉しくなった。

先生の作ったモノを私がいただく。
時を隔てて、教師と生徒とはまた違った関係が生まれた。
[PR]

by potori_ms | 2012-07-15 19:40 | 日々 | Trackback | Comments(0)