<   2011年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

2011年 11月 30日
国旗
近所の公園にて。

もみじもいろんなカタチがあるな。
これはちょっと手が短いぞ。

f0152749_2222656.jpg

[PR]

by potori_ms | 2011-11-30 22:05 | 日々 | Trackback | Comments(4)
2011年 11月 29日
福だるま
安楽寺内のカフェスペースで、ゆず茶をいただく。
境内にそんな空間があることに驚いたけれど、
さすが、お寺も観光地のザ・京都。

そのお茶受け。
もみじの焼印入りのおまんじゅうと、「福だるま」というお菓子。
サクサク香ばしく、懐かしいお味。
もっと食べたい・・・。


京都と、この素朴なかわいさは相性バツグン。

f0152749_19544954.jpg


帰宅後、「福だるま」を注文したことは言うまでもありません(笑)。


More
[PR]

by potori_ms | 2011-11-29 20:25 | おでかけ | Trackback | Comments(6)
2011年 11月 27日
小さな手
週末は、秋の京都へ。
桜の季節とは違う、しっとりした空気が漂う。

四国の紅葉とは全く違う、天晴れな紅葉の数々に圧巻。
いろんな色のもみじの折り重なる様は、壮観だった。

紅葉の名所、永観堂禅林寺、南禅寺のもの。

f0152749_21243079.jpg


もみじ More
[PR]

by potori_ms | 2011-11-27 21:39 | おでかけ | Trackback | Comments(2)
2011年 11月 21日
甘い綿
大きな、ふわふわの綿菓子。
顔につかないよう慎重に、小さな口で、少しずつ齧りつく。

f0152749_2365482.jpg



徐々に大胆になる、肉食系女子。

f0152749_22581870.jpg

[PR]

by potori_ms | 2011-11-21 23:08 | 日々 | Trackback | Comments(0)
2011年 11月 20日
静かな賑わい
静寂の旧広瀬邸が、静かな賑わいを見せる日。
1年に2日間だけ開催される「台所喫茶店」。

席が空くまで、冷えた板間を平行移動しながら待つ。
前の人が座っていたぬくもりをありがたく感じながら。

普段から、そこに存在するような空間。
おばあちゃんのふたり連れや、お母さんと小さな子供さん、
私の親世代のご夫婦など、幅広い客層。

由緒ある場所で、穏やかな、ゆっくりとした空間を、
美味しいお菓子と、温かい飲み物で、ホッとひと息ついている。

今日も穏やかな気持ちではじめられた。

f0152749_23101513.jpg

f0152749_2310263.jpg

f0152749_23103433.jpg

[PR]

by potori_ms | 2011-11-20 23:42 | おでかけ | Trackback | Comments(4)
2011年 11月 17日
白壁に、柔らかい影が浮かびあがる夕暮れ時。
引き戸、カーテン、そしてオリーブの葉。
馴染みの場所で、はじめて味わう幻想的な気分。

f0152749_22195142.jpg

[PR]

by potori_ms | 2011-11-17 22:34 | 日々 | Trackback | Comments(0)
2011年 11月 16日
コーヒーと鯛焼き半分
f0152749_19181046.jpg

[PR]

by potori_ms | 2011-11-16 19:19 | 日々 | Trackback | Comments(8)
2011年 11月 14日
乱読
上司は、本の虫。
Amazon から会社に頻繁に本が届く。
1ヶ月に20冊は読んでいることだろう。

私に興味のあるモノであろうとなかろうと、
上司の読了した本が私の机上に積み上がる。
私は、基本、小説しか読まないので、憧れの乱読ができるいい機会。
(石田ゆり子さんの趣味が乱読ということから。)

最近、回ってきた読め本。

池上 彰 「考える力」 
蛇蔵 & 海野 凪子 「日本人なら知っておきたい日本文学」 
しきしま ふげん「現代萌衛星図鑑」 
三本 和彦 「言わずに死ねるか!日本車への遺言」 
奥山 清行 「フェラーリと鉄瓶」 
中村 史郎 「ニホンのクルマのカタチの話」
ヤマザキ マリ「テルマエ・ロマエ」(漫画)

文系女子には、あまり縁のない本ばかり。
上司の車好きが嫌でも窺える。
衛星の本は、内容が頭に入ってこず、途中で断念・・・。


そして、今読みはじめたのは、「スティーブ・ジョブズ」。
数ページですぐ眠りに就いてしまう活字の多さだけど、
今の時代を作り上げた偉人の伝記なので、頑張って読んでみようと思う。
[PR]

by potori_ms | 2011-11-14 23:45 | book | Trackback | Comments(4)
2011年 11月 13日
上へ
自然の中に身を置きたくて、
愛車でぐんぐん、ぐるぐる周りながら上へ上へと目指す。

広い空と山。
少し冷えた、新鮮な空気を大きく肺に取り込む。

雑事で、父と喧嘩してギクシャクしていたのだけれど、
この景色を前にして、携帯電話を使って、謝る。
「生きている者同士は、仲良くしないとね。」と言って。

f0152749_21503581.jpg



桜のような花が少し咲き始めている木があった。
その下には、紅葉した木々と、緑の木々。
不思議な色あわせだなと思って、シャッターを切る。

f0152749_21472019.jpg

f0152749_22483238.jpg

[PR]

by potori_ms | 2011-11-13 22:04 | 日々 | Trackback | Comments(4)
2011年 11月 11日
月とナミダ
祖母の初七日。

日を追うごとに、涙の数も減っていく。
祖母との永遠の別れを嘆き悲しむよりも、
楽になった祖母のことを安堵する気持ちの方が大きくなっている。
こうやって、人は強くなっていくのだろう。

でも、目につく場所に置いてある祖母の笑った写真を見ると、
今にも私の名前を呼んでくれそうで、やっぱり涙腺は緩む。

今日は、東の空に昇った黄色い満月と、白く光る金星を見て、
キレイだなと思える平常心が戻ったことを知る。
[PR]

by potori_ms | 2011-11-11 23:17 | 日々 | Trackback | Comments(2)