<   2011年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2011年 01月 30日
温室ディ
今日は、読書ディ。
外は、雪山から吹いてくる冷たい空気で、かなり冷えている(ようだ)。

やっと、「抱擁、あるいはライスには塩を」を読了。

ある一家の祖母、母、子という三世代にわたる話で、
家族10人+この家族に関わる数人が、
それぞれ語り手になって、話が進められていく。
お金持ちで、ちょっと風変わりな一家。
子供たちは、小学校に通わずして、家庭教師をつけて勉強するとか、
4人の子供たちのうち、ふたりは異母、異父だったり。

小説家に必要なモノは、想像力だな~と思わずにはいられない作品。
かなり面白かった。
これは後に映画化されるかもしれないな~、複雑だけど。
無事、タイトルの意味も判明。

図書館の貸し出し期限が過ぎていたので、焦りながら読み進めた。
また次のリクエストしてた本が待機している。
私は、日々、仕事と本に追われているような気がする。
[PR]

by potori_ms | 2011-01-30 20:05 | 日々 | Trackback | Comments(2)
2011年 01月 25日
night super market
pm10:00 スーパーマーケットへ。

牛乳を切らしていたのに気がついた。
この季節は、毎朝毎晩、ホットミルクなしではいられない。

こんな時間なのに、スーパーには、わりとお客さんが居ることに驚く。
似たもの夫婦、お財布だけ持ったスウェット姿の女の子、
ニット帽を被った男子、作業着のおじさん。
まさに人間交差点。

話は戻って、牛乳のお話。
どこのスーパーも種類がかなり豊富。
特に銘柄に決まりはないけれど、生乳を選んで買っている。
たまに、行きつけではないお店に行くと、
初めて目にする銘柄を見つけては喜ぶのだけれど、
美味しいのか?と、しばらく売り場の前を陣取ってしまう。

最近のお気に入りは、淡路島の牛乳。
まろやかで、やさしい甘さがある・・・気がする。

今日飲む牛乳ひとつでも、選ぶ楽しみがある。
でも、これが毎日のこととなると、
家族の多い主婦は、楽しみだなんて言ってられないのだろうなぁ。
[PR]

by potori_ms | 2011-01-25 20:39 | 日々 | Trackback | Comments(6)
2011年 01月 19日
8888
もうすぐ1歳のMINI。
先日、末広がりの4桁揃いに。

めざせ!100000km。

f0152749_2393652.jpg

[PR]

by potori_ms | 2011-01-19 23:14 | MINI | Trackback | Comments(6)
2011年 01月 18日
1285 photo
日曜日の雪あがりの午後は、ここへ。
「1番町2丁目8番5号」という番地を、そのまま店名にしたカフェ。

f0152749_022464.jpg


小さな空間だけど、無駄なモノが一切なくて、
白壁、木、灯りという三大要素を満たした、私好みの空間。
深煎りコーヒーを注文。

f0152749_023192.jpg


安藤雅信さんの器だけを使用しているというこだわり。

f0152749_0262122.jpg


このカフェに来ることも目的だったのだけど、
一番の目的は、多才ぶりを発揮しているマスターの初写真個展。
モノクロの写真で、繊細だけど、ググッと力強さも感じられる作品たち。
被写体選び、構図は、感性だなぁと思う。

f0152749_0233588.jpg


1285coffeeは、この日を以って閉店。

夜は、マスターのユニットによるプチライブもあり、
私にも、とても温かく、贅沢な時間をプレゼントして貰った。
最初で最後の来店になったけれど、ここで過ごした時間は忘れないだろうな。
[PR]

by potori_ms | 2011-01-18 00:19 | おでかけ | Trackback | Comments(4)
2011年 01月 17日
温度差
結露って、シアワセの象徴のような気がする。
ガラスの拭いた後が模様になって、
この素敵な空間に、味がまたひとつ増える。

f0152749_0193196.jpg

[PR]

by potori_ms | 2011-01-17 00:20 | 日々 | Trackback | Comments(6)
2011年 01月 16日
白い世界
はじめピューピュー、やがてゴーゴー。
風の音が変化する。

寝入ったかと思ったけれど、目が覚めてしまった。
鼻先が冷たく感じる部屋で、意を決してベッドから出た。
そして、窓を開けてみると、みごとな銀世界に驚く。
こんなに風が吹いているにもかかわらず、みごとに積雪している。
夜中なので、道路に轍ひとつないのが絵の世界のよう。
見慣れた風景なのに、全くの別世界だ。

窓から覗く愛車のMINIもみごとに、白くデコレートされている。
初めての雪に、さぞかし驚いていることだろう。

しんしんと夜が深まる中、睡魔が来るまで読書しよう。
今読んでいるのは、
江國香織さんの「抱擁、あるいはライスには塩を」。
この不思議なタイトルの意味を早く知りたい。
[PR]

by potori_ms | 2011-01-16 02:33 | 日々 | Trackback | Comments(2)
2011年 01月 13日
ポンポンうさぎ
いろんなお店で、Winter Sale の文字が目に飛び込んでくる。
割引率が上がると、自分の欲しい度がそんなに高くなくても、
財布の紐が緩んでしまいがち。

そんな中、衝動買いしたのが、ツイードのベレー帽。
今年の干支、うさぎのような佇まい。

f0152749_227597.jpg
[PR]

by potori_ms | 2011-01-13 22:08 | お買いもの | Trackback | Comments(6)
2011年 01月 10日
グレーの空
定時で休日出勤を終えて、会社のドアを開けた瞬間、
外の明るさに驚いた。

昼の余韻を少しばかり残したグレーの空を見上げる。
まだまだ長い道のりの春を想う。


----------------------

冬いちごのプリンをいただく。
甘酸っぱいいちごソースが、プリンの甘さを引き立てる。
やっぱり、いちごは不動の好物。

f0152749_19474166.jpg
[PR]

by potori_ms | 2011-01-10 19:34 | 日々 | Trackback | Comments(4)
2011年 01月 03日
同じ窓
お正月3日目は、中学校の同窓会。
総勢約70人が集まった。

当時20代だった担任の先生は、今は教頭先生になっていたり、
同級生の大半が母であり、父であり、確実に時は流れている。
男子のオジサン化を危惧していたけれど、
それほど驚くような進化(笑)を遂げている人はおらず、胸を撫で下ろした。

私は、みんなに変わらない、変わらないと言われるけど、
女性として、果たして、この言葉は喜ぶべきものなのか複雑な気持ちになる。
まぁ、オバサン化していないという、
褒め言葉として受け止めることにしよう(笑)。

開催までに、たくさんの紆余曲折があったけれど、
無事、(十分)大人になった、たくさんの旧友の顔を見れたので、
世話役をやって、本当にヨカッタと思った。

誉れなことも、恥ずべきことも知っている旧友と、
懐かしさというツマミで呑むお酒は、本当に旨かった。
(わざと、オヤジ臭く表現(笑)。)
[PR]

by potori_ms | 2011-01-03 23:35 | 日々 | Trackback | Comments(6)
2011年 01月 02日
ねこ
初売りのデパートへ。
福袋を買うため・・・ではなく、『岩合光昭写真展~ねこ~』のため。

日本各地、世界中の猫の写真が約150点。
会場を歩いても歩いても、
大好きな猫の写真が続いているので、顔が緩んでしまう。


かわいい入場券。
f0152749_19403452.jpg


岩合さんの写真は、猫への深い深い愛情が感じられる。
心底、猫好きなのだな~と思う。
納得のいく写真1枚を撮るために、3日かかる作品もあるとか。

猫が暮らしている背景もうまい具合にフレームインされていて、
その猫の生活が窺い知れる。
私の写真の目標である、
「写真1枚でストーリーを感じられる」を目の当たりにした。


あと印象的だったのは、会場のお客さんの顔がみんな笑顔だったこと。
岩合さんの猫の写真を観て、口角の下がる人は居ないのだろう。
まして、この写真展に来る人ならなおさら。

ポストカードを購入。
[PR]

by potori_ms | 2011-01-02 20:17 | カメラ | Trackback | Comments(6)