<   2008年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

2008年 03月 29日
フレッシュ
f0152749_1842955.jpg









地元で採れる朝摘みいちご。
葉っぱを見れば、新鮮さは一目瞭然。
ひとつぶひとつぶのつやとハリに驚かされる。
品種は不明だけれど、あまおうなんかに負けない美味しさ。
「おいしぃ~。」と言わずには食べられない。
[PR]

by potori_ms | 2008-03-29 18:08 | おいしく | Trackback | Comments(5)
2008年 03月 28日
ヤドカリ
引越しがしたい。

今住んでいるところは、丸7年になる。
春という季節柄もあるし、気分転換したいという気持ちが大きい。

と、建前はこうだが、本音は、住環境があまりよくないからだ。
自分のものさしに過ぎないのだけれど、
同じ屋根の下に移り住んでくる人がいい人かそうでないかも、
運としか言いようがないのだな。

気長にいい物件を探そう。
[PR]

by potori_ms | 2008-03-28 23:47 | 日々 | Trackback | Comments(0)
2008年 03月 25日
女の勲章
f0152749_22552325.jpg








このアーチを描く前頭が好きでたまらない。



はじめて猫に威嚇された。
威嚇は、猫対猫のものだと思っていたが、その意識は昨日で払拭された。

自宅兼事務所に住む社長一家が飼っている猫。
猫は両方を自由に行き来し、朝は私よりも早く出勤している・・・。

今朝、事務所の物置の方からカサカサいう音がする。
猫の仕業だな、とすぐわかりこっそり覗いてみると、
物置においてある雑ゴミ箱から、使用済みのカイロを取り出して遊んでいた。
過去に自宅で、猫がカイロを破って大変なことになった、
という話を聞いていたので、これはまずい!と思い、反射的に手を出したら、
猫がフーッツと言ったと同時に、5本のツメが近づいてきた。
初めてみる人(猫)格に、驚きとともにショックだったが、
私も怯まず、違うものに気を取らせた隙に、カイロは無事、奪取した。

・・・が、あとから、そのヒリヒリした痛みがやってきた。
ぬいぐるみみたいだけど、やっぱり獣だな。
[PR]

by potori_ms | 2008-03-25 00:21 | 日々 | Trackback | Comments(0)
2008年 03月 23日
お財布
5年ぶりに、お財布を新調した。
私のお財布は、いつも革と決まっている。
使い込んでいくうちに、自分の手に馴染み、革がいい色になってくれるので、
一度使い始めると、簡単に次の財布へ、という気にはならない。
しかし、今まで使っていたものも、汚れや雨染みが目立ってきたので、
思い切って、お別れすることにした。

はじめての長財布。genten のもの。
デザインのシンプルさと革の質感がお気に入り。
春だし、お財布が変わると、ちょっと気持ちがいい。

f0152749_0424283.jpg
[PR]

by potori_ms | 2008-03-23 00:35 | お買いもの | Trackback | Comments(2)
2008年 03月 22日
遊び心
車のナンバーを見る癖がある。
すぐ前を走っている車、対向車、駐車中の車など。
希望ナンバーを取れるようになってから、この癖は加速している。
持ち主の遊び心に気がついたときは、満足感でいっぱいだ。

私の愛車のナンバーは、ありきたりの誕生日。
ガソリンスタンドのおにいちゃんに、「〇月〇日生まれですね。」
とすぐに言い当てられたことがあるので、今度乗る車にはやめようと思った。

で、今日のお昼休みの前の車は、ニッポンフードの車。
ナンバーはもちろん、「298」。
遊んでるな。
[PR]

by potori_ms | 2008-03-22 00:25 | 日々 | Trackback | Comments(2)
2008年 03月 19日
お彼岸
お彼岸ということで、ぼたもち。
あ、いただきものです。

明日は、お墓参りに行こう。

f0152749_21264967.jpg
[PR]

by potori_ms | 2008-03-19 21:34 | 日々 | Trackback | Comments(2)
2008年 03月 13日
百に一足らず
祖母を病院へ連れて行った。
高速道路を1時間走るちょっと遠い場所まで。

祖母はもうすぐ99歳の白寿を迎える。
今では、脚が立たなくなって、すっかり車イス生活。
ときどきわからないことも言ったりするが、しゃんとしている。
会いに行くたび、家に帰りたいと言う。

病院で順番が来るまで待って、診察して、食堂でご飯を食べて、
施設に帰って来るまで、祖母にとって約5時間くらいの外出だ。
行く場所は病院だけれど、外の景色を見ることで気分転換になってくれれば、と思う。

施設に帰って来て、玄関先で担当の方と今日のことを話していたら、
祖母は私を待たずして、事務所の横を「ただいま~。」と言って、
自分で車イスの車輪をゆっくりゆっくり進めていた。
その姿が妙に可愛くて、ここを帰る場所だとわかっている祖母に、ちょっとうるっときた。
遠い病院に連れて行くことができるのも、長生きしてくれてるからこそ。
めざせ百路(←私の造語)。
[PR]

by potori_ms | 2008-03-13 20:51 | 日々 | Trackback | Comments(0)
2008年 03月 12日
music & cafe
昨日は有給休暇を取って、高知まで出かけた。
さすが南国、やっぱり暖かかった。
同じ四国でも高知は別格だ。
体感温度は明らかに違う。

ずっと行ってみたかった香我美町の「den」というカフェ。
最寄のインターからも離れていて、わざわざそこに行かなければいけない。
でも、そのお店のために、わざわざ出向くのが好きな私。
しかし、迷いながら着いたものの、定休日だった。
あんな山の中で、みかん畑がお出迎えしてくれるカフェも珍しい。
お客さんは、近くの農家の人たちが多いのかな。
地元の人たちと触れ合えるのはステキだな。
・・・と空想の世界でしかないので、今度はぜひ現実に行ってみよう。

そもそも高知に出かけたのは、矢野真紀さんのライブのため。
CDでしか聴いたことのない彼女の生歌をどうしても聴いてみたかった。
期待を裏切らず、彼女の歌声、歌唱力、表現力は圧巻だった。
知らない曲が多い中、さだまさしさんが作詞した「窓」という曲では、泣きそうになった。
彼女が命の歌と呼んでいたが、まさにそのものだった。
明日から私も頑張りすぎないで行こうと思った。
[PR]

by potori_ms | 2008-03-12 20:59 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
2008年 03月 09日
春うらら
久しぶりのポカポカ陽気だ。
やっぱり、春はこうでなくちゃ。

今日は休日だったけれど、頑張って早起きした。
隣町のその隣町までおでかけ。
親友の友人が開催しているハンドメイドのイベント、雑貨屋さん、いなりずしやさん、
カフェ、花屋さん、陶器屋さん、有名なピザ・パスタ屋さんなどに足を運んだ。
朝9時から春を感じる素敵な休日になった。

親友から誕生日プレゼントにいただいたお湯飲み。
地元の作家さんによる作品。
真ん中が少しへこんでいて、とても持ちやすい。
白くて素朴なデザインがたまらない。
和食器もやっぱりいいなー。

f0152749_23564989.jpg
[PR]

by potori_ms | 2008-03-09 00:07 | おでかけ | Trackback | Comments(0)
2008年 03月 06日
副作用
寒い寒い。
春はもうすぐかと思いきや、まだまだ寒さが勝ってる。
昨日は、髪も切って、春を迎える準備はできているというのに・・・。

風邪が徐々に、私の体をむしばむ。
朝から、くしゃみ鼻水が止まらず、全く仕事に集中できない。
人間治癒力を信じているので、極力薬は飲まないようにしているが、
鼻をすするという行為が好きでないので、仕方なく薬を飲んだ。

30分もすれば、鼻水はウソのようにぴったり止まり、鼻が通り過ぎて痛ささえ感じる。
しかし、薬には副作用がつきもの。
喉が渇き、一気に眠さが押し寄せる。
仕事を進めようと思って薬を飲んだのに、これじゃ元の木阿弥。

お昼休みは、自宅で仮眠。
起きたら、14時前。
会社はフレックスできるので、大丈夫。
(上司には、予告しておいた。)

やっぱり、仕事中は、薬は飲んでいけませぬ。
[PR]

by potori_ms | 2008-03-06 20:12 | 日々 | Trackback | Comments(0)