カテゴリ:音楽( 38 )

2016年 11月 22日
入会
ファンクラブに入会した。

四国でのライブ開催を待ち望んでいたアーティストが、
来春、満を持してやって来る。
初四国(恐らく)かつキャパシティの小さい会場でのライブなので、
チケット争奪戦は必至。

ということでの入会。

ファンクラブという直球すぎる単語はどうも気恥ずかしい。
もっとほかにクールな単語はないものだろうかと、常々思う。
なので、「ファンクラブ会員」であることは、極力、内緒にしておこう。

f0152749_20552808.jpg



[PR]

by potori_ms | 2016-11-22 23:43 | 音楽 | Trackback | Comments(2)
2015年 11月 23日
音と楽とジンジャエール
友人の企画する音楽祭へ。

性別、年齢、楽器、ジャンルを問わない音楽。
オリジナル曲を歌う人は、その人の感性やモノの見方、
たちまち人生まで垣間見れたような気がして、
知らない人でも近くに感じることができるから面白いな。

f0152749_22574813.jpg
山崎のグラスだけど、中身はジンジャエール。
つまみは、愛媛・八幡浜のじゃこてん。

[PR]

by potori_ms | 2015-11-23 23:07 | 音楽 | Trackback | Comments(2)
2013年 06月 26日
rain
i Tunes store を彷徨っていたら、
暗闇の中、デスクライトのある机に乗かった私が、
大きく左右に揺られながら、高校時代の扉を開けた。

その曲は、秦 基博 「Rain」。
大江千里さんのカバー曲だ。

部活で陽に焼けた私。
恋に友情に悩み、勉強漬けの日々が蘇る。
懐かしさと切なさと甘酸っぱさが駆け巡る。

雨が静かに降り続ける夜に、
私のライブラリに追加された1曲。
[PR]

by potori_ms | 2013-06-26 01:20 | 音楽 | Trackback | Comments(4)
2013年 04月 17日
LIVE IN LIVING
昨夜は念願の、羊毛とおはなのライブへ。
海と郊外電車の線路の狭間にあるカフェにて。

外から入ってくる、ザザーンという優しい波や、
カンカンカンという踏み切りの音が、
時折、夏を思わせてくれるアレンジを効かせていた。

だんだん陽が落ちて行く海や、
小さな窓からこぼれる光とともに移動する客船にも視線を移しながら、
終始、夢心地な気分で、うっとり聴き入った。
やはり、私の大好きな声の持ち主の、はなさんデシタ。



[PR]

by potori_ms | 2013-04-17 20:58 | 音楽 | Trackback | Comments(8)
2013年 03月 07日
Lesson 1
ウクレレレッスン、第一回目。

厚い防音扉のこちら側は、1面鏡張りの6畳ほどの空間。
ドラムセットに、キーボード、
私には、使い方もわからない黒い物体や配線が雑然と配置されている。

それらの楽器たちに追いやられるように、
丸椅子と楽譜スタンドがそれぞれ3つ。
友人と私、そして、先生の分。

低姿勢の先生なので、緊張もほとんどなく、和気藹々とレッスンが進んでいく。
と言っても、先生は、ウクレレ講師としては新米らしく、
教え方を模索しているのが随所に窺える。
年下の先生だけに、微笑ましくもあるのだけれど、
少し背中を叩きたくなると言ったら嘘ではない(笑)。

恥ずかしながら、私は音符が読めないので、
タブ譜(音符の長さ、押さえる弦やフレットが分かる譜面)を、
瞬きの回数を自ずと減らしながら、必死で追っていく。

メロディラインを弾く際、
音符が読めない=知らない曲は弾けない、という悲しい構図が成立する。
私は、まず音符を知ることからはじめないといけない。

出席シールだけを楽しみにオルガン教室に通っていた、
保育園時代の幼き自分が悔やまれる。

f0152749_031629.jpg

[PR]

by potori_ms | 2013-03-07 23:59 | 音楽 | Trackback | Comments(2)
2013年 02月 12日
Lesson
ウクレレ体験教室へ。
上達する近道だと思って、ものの試しに行ってみた。

髭の生えた、小太りのおじさんを想像していた先生は、
私より細くて、若かった(笑)。

マンツーマンで、30分枠の簡単なレッスンをする。
人前で楽器から音を出すのは、小学校の音楽会まで遡るので、
馴染みの、簡単なコードを爪弾くだけでも、妙に緊張する。

合間、合間で、ウクレレを弾くにあたって、
疑問に思っていたことを溢れんばかりに質問する。
先生は、嫌な顔もせず、ひとつひとつ丁寧に説明してくれる。
気がつけば、時計の長針は、ひと回りしていた。

私が気になっていたことに、すべて絶対ということはなかった。
ウクレレ弾きは、自由なんだな。

f0152749_22395742.jpg


そして、教室に通う日常をはじめることにした。
[PR]

by potori_ms | 2013-02-12 23:07 | 音楽 | Trackback | Comments(4)
2013年 01月 26日
ukulele
今年はじめたモノは、ウクレレ。

姿カタチ、そして、あの柔らかい音に癒される。
毎日、爪弾いて、私に寄り添う存在になりつつある。


f0152749_22344136.jpg

[PR]

by potori_ms | 2013-01-26 22:45 | 音楽 | Trackback | Comments(8)
2013年 01月 22日
ファイト
演技力に一目置いている、満島ひかりさん。

まっすぐな黒い瞳の彼女がこの曲を歌う。
魂がこもっている。

泣けてくる。


[PR]

by potori_ms | 2013-01-22 00:15 | 音楽 | Trackback | Comments(6)
2012年 11月 12日
母性
彼女の歌声に包まれた夜。
母性を感じる安心感と、柔らかく優しい世界がそこにある。




朝は、清々しいはじまりを感じることができ、
夜は、1日のクールダウンに向かうことができる。
大好きな、ビューティフルハミングバードの音楽です。
[PR]

by potori_ms | 2012-11-12 23:59 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
2012年 07月 16日
ひねもす のたりのたりかな
久しぶりに、映画「めがね」のDVD を引っ張り出して、鑑賞する。

主人公の頑なだった心が、
春の穏やかな海を前にして、温かい人と食を通じて解れていく。
私も同時進行で、安らいだ気持ちになっていく。

映像に溶け込む音楽がさらに、
「のたりのたり」とした気分を誘う。



静かな海で、かき氷を食べたいなぁ。
[PR]

by potori_ms | 2012-07-16 21:59 | 音楽 | Trackback | Comments(4)