2017年 11月 06日
星と銀杏
先日、スーパーの小さな一角の産直市を覘くと、
秋の味覚、銀杏が小袋に入って売られていた。
40個くらいで100円だったので迷わず、レジのかごへ入れる。

帰宅して、すぐさま調理しようと、銀杏の小袋をつかむ。
ふと、生産者の名前が印字されたシールが目に留まる。

「星の宮を守る会」。

私の通った中学校のそばに、「星の宮」という小さな神社がある。
何百年だか前に、ここに隕石が落ち、星の宮という通称が付けられたと聞いた。

幼い頃は、ここで相撲大会や地区の小さな行事ごとが行われたりしたのだが、
今は木々も伸び放題で、鬱蒼とした小さな森になっている。
時々、この神社の前を車で通るのだが、
人の手がほとんど入っていなさそうなこの「星の宮」の存続が少し気になっていた。

そんな時分に銀杏を買ったことで、
この神社を守ろうとしている人たちがいることを知った。
ということは、反勢力もあるということなのだろうか…。

もしかしたら、この銀杏はこの「星の宮」で採れたものだったのかな。


f0152749_22594729.jpg




[PR]

by potori_ms | 2017-11-06 23:00 | 日々 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://potorims.exblog.jp/tb/28497063
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tocotoco323 at 2017-11-08 14:59
つい最近「君の名は」を見たばかりだったので隕石というフレーズがとってもホットでした。
守ろうとする人、気にかけている人がいるというだけで温かい気持ちになりますねー。
初めて銀杏を食べて、美味しくてバカバカ食べたらゲローとなりました。食べすぎも良くないのですね。
(゚∀゚)
Commented by potori_ms at 2017-11-08 21:37
tocoさん、こんばんは^^

コメントありがとうございま~す。
おぉ、隕石つながりですね(笑)。

「守ろうとする人、気にかけている人がいるというだけで温かい気持ちになる」
それです、言いたかったこと!
幼い頃にずっとあったものがなくなるのは寂しいですね。
飽くまでも、私は外野でしかないですけど。

銀杏、美味しいですねよ!
あのぷにっとした食感と少しクセのある味が。
でも、成分的に食べ過ぎると、
中毒を起こすそうなので、ほどほどにしないといけないようですよ!
tocoさんの「ゲロー」はそういうことですね(笑)。


<< 赤い自転車で。      150円 >>