2016年 10月 06日
画廊時間
先日、隣町の小さな画廊へ出かけた。

ずっと実際に拝見したい方の絵の個展があり、念願叶った。
絵本のような懐かしく、温かみのある絵のタッチと色使いは、やっぱり素敵だった。
我が家に迎え入れたい絵もいくつかあったのだけれど、
表示金額の桁がひとつ多く、目に焼き付けることにした。

そして、この小さな画廊のご夫婦がとても気さくな方で、
親戚のお家に遊びに来たような居心地の良さだった。

私が一緒に出かけた友人に小声で、
「(絵を)あげるって言われたら、どれにする?」
にやにやしながら質問した。

返ってきたのは友人の答えではなく、画廊の奥さまの声だった。
「その所有欲を持つのは大切なことよ~。」

その質問が奥さまの耳に届いていたのにも驚いたけれど、
絵を売るのが生業の奥さまが、
私の子供じみた質問を否定せず、同調してくださったことが嬉しかった。
少々、恥ずかしくもあったけれど。

このご夫婦は、作品を売るのだけが目的ではないのだな。
またひとつ素敵な場所を見つけた。


芳名帳の上に可愛い文鎮。
リスが好きなあの方を想い出す。

f0152749_22392805.jpg



[PR]

by potori_ms | 2016-10-06 23:37 | 日々 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://potorims.exblog.jp/tb/26268345
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< まるぱん      麒麟食堂 再訪 >>