2016年 08月 25日
あれよあれよ。
お昼ごはんの調達に、スーパーマーケットへ行った。
目的地の売り場のすぐ手前に、
試食販売をするおばちゃんが目の端に入る。

限られた時間なので、伏目で通り過ごすつもりだったのに、
おばちゃんのひとことで顔を上げてしまった。

「お腹空いとるやろ~。」

気が付くと、私の手には小さな銀のトレーに乗った
生乳100%のブルガリアヨーグルトがあった。

「おいしい。」とお約束の言葉を放って、
そそくさとその場を立ち去ろうとすると、
(私も時々買う本当においしいヨーグルトです。)

「はい、おかわり。」と言って、
今度は、はちみつ仕立てのヨーグルトを私の手の中のトレーに盛ってくれた。
「こっちの色は少し黄色いやろ~。」と営業スマイルとともに。

完全に相手のペース。
この流れ作業はある意味尊敬すべきもの。

f0152749_19330565.jpg

ひまわり畑の傍らに、秋の花ダリアの姿も。
みごとな花の集合体。


[PR]

by potori_ms | 2016-08-25 20:08 | 日々 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://potorims.exblog.jp/tb/25695785
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 今夜はアヒージョ。      あんなこといいな。 >>