2013年 03月 11日
+1
ひとつ歳を重ねた。

誕生日を迎える嬉しさは、
砂時計の砂が下方へ、スルスル滑り落ちていくように、毎年、減っていく。
そして、その細いくびれを通り抜けた砂は、母への感謝の念へと変わっている。
(父よ、すまない。)

私の年齢は、私が生きた年の数としてではなく、
母が私を産み落とし、これまで育ててくれた、
母と娘という関係を続けている年数だ。
若いときには、こんな気持ちには全くならなかった。
私も歳を取り、親になるべく十分な年齢になったからだろう。

著名人の早い逝去の知らせを耳にするたび、
親が親であり、娘としていられる期間も、そうは長くないのだろうと思う。
小さなしあわせを感じ、健康で生きていられるなら、
それ以上は貪欲かもしれないなぁと思う、震災から2年後の誕生日デシタ。

f0152749_04335.jpg

[PR]

by potori_ms | 2013-03-11 00:01 | 日々 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://potorims.exblog.jp/tb/18740177
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2013-03-11 10:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ろく* at 2013-03-11 14:35 x
名前変わりましたアメブロのものです。笑

お誕生日おめでとうございます。
綺麗なお花ですね^^
なんていう名前のお花なんでしょうか?

素敵な一年になりますように☆
Commented by atelier_carafe at 2013-03-11 17:25
ポトリさん。お誕生日おめでとうございます♪
素敵なお花ですね。

ほんと、歳を重ねると、誕生日に感じることも変わってきますよね。
変わらないようで、少しずつ変化していく日々。
ポトリさんの毎日の中で切り取られる写真、これからも楽しみにしています。
Commented by potori_ms at 2013-03-11 22:35
鍵コメントさま、こんばんは~。
お祝いのコメント、ありがとうございます ^^

鍵コメントさまも、同じような気持ちで誕生日を迎えられているのですね~。
普段は、全く意識していない小さな想いが、
少しずつ葉の層を形成し、気がつくと、
ミルフィーユになっていたという感じです(笑)。
歳を重ねることで、見えてくることがあるということですね。

誕生日の日に、この世に産み落としてくれたのは、母なので、
父への想いは後回しになりますね(笑)。
Commented by potori_ms at 2013-03-11 22:37
ろく*さん、こんばんは。
はい、どなたか分かります ^^

お祝いのお言葉、ありがとうございます。
花は、私の好きなラナンキュラスだと思います。
Commented by potori_ms at 2013-03-11 22:46
carafe さん、こんばんは~。
ご無沙汰しておりますが、ブログはいつも拝見させてもらっています ^^
新しいことをはじめられたようで、頼もしいなぁ~と思っていました。
私も近くなら、ぜひ教室に参加したいです。

そして、お祝いのコメント、ありがとうございます。
そうなんですよね、
意識の外で、心の変化は生まれているようです。
逆を言えば、これが歳を重ねるということかもしれませんね ^^

最近は、iPhone でお手軽に済ませてばかりですが、
春だし、カメラを持って出動しま~す ^^
Commented by sunnyday-survice at 2013-03-13 00:27
おめでとう!遅くなりましたが(笑)
私の同級生も同じ日の誕生日。
震災の日になってしまったけど、それはそれで!
ポトリさんの生まれた日なんですよ。
この先、この日は変わらずね。
Commented by potori_ms at 2013-03-13 08:08
トッシーさん、ありがとうございます!

私の誕生日は、記事にした日とは違って、震災の日の2日前です(笑)。
すみません、紛らわしくて。

同じ日に嬉しいこと、悲しいことが起こったとしても、
私の生まれた日には違いないので、
この先、何十年もずっと一緒に歩んでいきますよ~。

また、ブログ更新してくださいねー ^^


<< 犬と月      Lesson 1 >>