2011年 10月 27日
明るさ
リビングの電球のひとつがパチッと切れる。
その途端、部屋の中は、夕立が来る前のような薄暗さになる。
木枯らしが吹いたばかりの夜に、郷愁を煽るものだ。

この薄暗い中で、ひと晩を過ごす勇気はないので、電気屋さんへ車を走らせる。
この際、LED電球を付けよう!という意気込みで駆けつけた。
しかし、値段を見た途端、その気持ちは瞬時に萎えた。
(某メーカーのLED電球3つを買おうとすると、2万円では足りない。)

結局、いつもの省エネタイプの電球形蛍光灯を買う。
これで気持ちも部屋も、そして、お財布も明るい。

f0152749_21245165.jpg

[PR]

by potori_ms | 2011-10-27 21:55 | 日々 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://potorims.exblog.jp/tb/16745256
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tomo-so_ko at 2011-10-27 23:05
こんばんは。
LED電球ってそんなにお高いのですか?
省エネって言われるけど元手がそんなに高かったら中々エコなのか
どうなのかって感じですねぇ(苦笑)
私はまだ電球を使っています。無くなるーって聞いた時にかなーり
買い貯めをしてしまって現在消費中です^^
Commented by potori_ms at 2011-10-28 22:36
tomo さん、こんばんは。

メーカーで値段の差はあるようですが、まだまだ高いようです。
おっしゃるとおり、省エネ・節電にはなるけれど、
お財布の節約にはならないですよね~。

tomo さんは電球をお使いなのですね~。
古いモノを愛するtomoさんが電球派で、少し安心しました(笑)。


<< 天秤      渚 >>