2010年 09月 21日
アートを巡る旅
「瀬戸内国際芸術祭 2010」 にでかける。
瀬戸内に浮かぶ七つの島で開催されている。

フリーパスポートを買ったので、
数回に分けて、できる限り回る予定。

f0152749_21364449.jpg


9月も半ばなのに、夏のような照り付ける暑さ。
三連休ということで、駐車場には、本州の県外ナンバーの車が目立つ。
この日が開催日で、一番の人の入りだったという。

今日は、高松から最寄の女木島、男木島を巡る。
フェリーから降り立つと、カモメが歓迎してくれる。
(これもアートのひとつ。)
f0152749_21373329.jpg


二つの島内、25ヶ所を巡ったけれど、
女木島、男木島のアートは、マニアックな感じがして、
凡人の私には、理解するのが難しかった。
アートは感じるモノなので、理解する必要はないと思うけれど・・・。

次回は、10月に中旬頃、直島に行く予定。
ここが本命の島なので、一番の楽しみ。
[PR]

by potori_ms | 2010-09-21 21:48 | おでかけ | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://potorims.exblog.jp/tb/14642464
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kadokawa511 at 2010-09-21 22:53
potoriさん、こんばんは。
お久しぶりです!
ようやく秋らしくなってきましたね。

瀬戸内芸術祭良いですね~。
思わず特集をくんでいた、雑誌penを買ってしまいました。

アートは僕にとって、無駄で必要なもの の位置づけ
にいますのが、触れるとほっこりしますね。
特にわけが分からない作品ほど、見たり触れたりすると
安心感みたいなのを得られる気がいつもします。
女木島、直島は昔一人旅で行った事がありまして
その時はバタバタしたスケジュールでしたので
一度ゆっくり訪れたいなぁと思っていました。
妻も一度、一人旅でいった事がありまして
次回行くときは、憧れのベネッセに宿泊したいです!(笑
Commented by yurayurarei at 2010-09-22 09:55
アートとは無縁の私ですが・・・
でも・・・・・ポトリさんの記事を読み

>アートは感じるモノなので、理解する必要はないと思うけれど・・・。

行ってみたいな~・・・と思いました^^。


かもめ・・・ 可愛いな。。
こういうアートは大好きです^^
Commented by potori_ms at 2010-09-23 00:14
kadokawaさん、こんばんは~。
コメント、ありがとうございます。

kadokawaさんのアートの位置づけには、私も共感です。
虚構の世界をカタチや空間にしたモノなので、
正解とか不正解という次元の話ではないのですよね~。

ベネッセハウス、私も憧れの場所です。
ご夫婦それぞれが、昔、ひとり旅で直島に訪れて、
何年か後に、同じ土地で、ふたり旅なんて、ステキです!
いつか実現させてくださいね~。
Commented by potori_ms at 2010-09-23 00:24
ゆらりさん、こんばんは~。

日常生活では、アートに触れたり、感じたりするのは難しいので、
この芸術祭は、芸術の秋にふさわしく、いい機会でした。

このカモメは、わりとわかりやすい部類のアートでしたね(笑)。
風見鶏になっていて、風が吹くと、カモメが一斉に同じ方向を向くので、
眼に見えない風を視覚化するというモノです。
Commented by kirarin515 at 2010-09-23 21:48
potoriさんお久しぶりです!!
と言ってもブログにはちょこちょこ立寄ってます。

芸術祭私も行きました。
偶然にもpotoriさんと同じコースでびっくり!!。
で、私も島のアートには??が多かったです(笑)

島のいろんな場所から見える
瀬戸内海の眺めはゆったりとしてきれいでしたね。



Commented by potori_ms at 2010-09-23 23:21
kirarinさん、おひさしぶりです。
ゆるい更新ですが、立ち寄っていただいて、嬉しいです。
ありがとうございます。

kirarinさんも芸術祭に行かれたのですね~。
女木島、男木島は高松から近いので、
最初にここからスタートされる方は多いかもしれませんね。

やはり、kirarinさんでも??でしたか・・・(笑)。
休校中の女木小学校に飾られたままの、
子供の作品がどれだか分かりやすかったか・・・と思いました(笑)。

波の立っていない、平面化した穏やかな海が、
太陽のヒカリでキラキラしている様を見たときは、本当に感動しました。
アートはさておき、この自然を目の当たりにしただけでも、
行った甲斐がありました。


<< オータム      ベジ食べる >>