2009年 09月 21日
太平洋
その日の朝、思い立って、高速道路を利用せず、山越えで高知へ。
目的は、海とカフェ。

邪魔するモノのない、まっすぐな地平線がやっぱり太平洋。
波の大きさも、瀬戸内のモノとは全然迫力が違う。
寄せては返す波を見ていると、無になれる。

f0152749_0531073.jpg

















波打ち際で、足跡をつけて、遊んでみる。
ビールのような泡に、どんどん飲み込まれていく。

f0152749_112647.jpg

























久しぶりに訪れた高知の海だけど、変わることのない思い出のままの海。
やっぱり、高知は大事な、大好きな場所。
[PR]

by potori_ms | 2009-09-21 23:59 | おでかけ | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://potorims.exblog.jp/tb/11979427
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by juncafe2009 at 2009-09-22 10:43
次回はぜひ一緒させてほしいです。
寄せては返す波のように変わらないでいることも難しい、でも無限大の可能性に挑戦していくことも大事。
この頃、いろいろ考えます。 やっぱ、秋だからかな・・・。
Commented by kadokawa511 at 2009-09-22 16:04
potoriさん、こんにちは。

おぉ 僕もその頃?高知県に行ってました^^
久しぶりに聞く従兄弟、親戚の近況を山盛りに聞いて
塩たたきとうつぼのたたきとお酒で盛り上がりました(笑

子供の頃はあの強い波の中へ
何度も放り込まれた記憶があります(笑

Commented by potori_ms at 2009-09-22 18:08
juncafeさん、こんばんは~。

もちろん、一緒に行きましょう!
私の気ままの旅、こういうのもアリでした。

juncafeさん、いろいろ思うところがあるようですね。
お店のことかな?
はじめて1年目だし、模索することはたくさんあるでしょうね。
考えすぎて何もできないよりも、思い切って、一歩前に進むことの方が大事かな。
・・・って、それは自分に対する言葉でもあります(笑)。
Commented by potori_ms at 2009-09-22 18:18
kadokawaさん、こんばんは。

kadokawaさんも同じ頃、高知に居たなんて不思議ですね!
鰹のたたきを塩で食べるというのは、去年初体験しましたが、
たまらなく美味しかったのを憶えています。

高知と言えば、うつぼ料理も有名なんですよね~。
私は未体験ですが、どんなお味なのでしょうか?

あの太平洋の波に放り込まれた?!
その意図は、水に慣れさせるためでしょうか?
それとも、悪さをしたkadokawaさんを戒めるためでしょうか(笑)?

9月下旬に、海で裸の子供を見たのには驚きました。
さすが南国高知!
四国山脈の北側の愛媛の気候とは、全く違います。
Commented by kadokawa511 at 2009-09-25 04:08
potoriさん、またまたこんばんは。
ほんと不思議ですね(笑
同じカフェにも寄ってましたしね^^

うつぼは見た目の割りに意外に淡白な味だと思います。
丁度ハラスみたいな感じで食感が少しぶよっているような・・
特別おいしい!ってわけでもないかもです(笑
話のネタで食べるのもいいかもです^^

波に放り込まれた理由の一つに
高知の従兄弟、親戚は8割がた教員、教職、教授で
ある種その特性故の教育だったのかなぁと思ってます(笑

Commented by potori_ms at 2009-09-25 21:58
kadokawaさん、お返事ありがとうございます。

うつぼのお味、何となくわかりました。
今度、ひろめ市場ででも食べてみます(笑)。
確かに、「うつぼを食べた」という事実だけで、十分なネタですね(笑)。

なるほど、教職関係の方たちの中では、必然の教育方法なのですね。
自然豊かな高知ならではって感じですね~。


<< sumica      レトロ >>